読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知らざあ言って聞かせやしょう。

ただただダラダラ佇むダダイズム

たまには俺のロマンスの話しでもしてみようかなあ

このブログでは自分語りを何度もしてきているのだけれども、まだロマンスの話しはしていなかったなあ。まあこんな俺にもロマンス的な話しはいくつかある。 その中から今日はあの子とのロマンスを話していこうじゃないか。 あれはいつの頃だったか、ある時に…

どれだけ学校で勉強してこなかったの?俺のこと。

先日の愛がテーマ宣言をしてから少し書くことなどを絞り込んでいる。その記事にも書いたがもう少し先に書こうとしていたものなので準備ができていない。 ただ新しく想うことを書くわけではないのでそう難しいものではない。 今日はその前段階としてもう雑記…

さらば青春の光。俺の高校時代を語ろうか。

今日は久しぶりに学生時代の話しを書いていこう。以前書こうと思っていた高校時代の話し。 俺が行った高校は地元の男子校だった。どこを見ても男男男。そりゃ当たり前だ。 一応推薦枠でなんとか入試に合格出来た。それもなければ絶対に高校には入れなかった…

ちょっとヤンチャだった頃の自分も書いてみようかなあ。

実をいうと昨日の記事を書いているときは結構凹んだ。 自分の過去を書くというのはもっと簡単だと思っていたが意外と難しい。 さまざまな感情がこみ上げてくる。 飲み屋で昔はこうだったと笑って話すのとは訳が違った。 でも書いて良かったなと今では思って…

初めて人との違いを感じた時に知ったある気持ち良い感覚。

↑は俺の書いた絵ではない。 小学校は6年間あったから何がいつあったなんか正確なことは覚えてない。 ただ一番覚えているというか、決定的に他の人と違うと分かった出来事があったのでそれを語ってみよう。あれは図工の時間だった。俺は勉強が嫌いだったけど…