読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知らざあ言って聞かせやしょう。

ただただダラダラ佇むダダイズム

嫁ちゃんの紹介のはずがなぜだか普通のマーケティングの話しになってしまったのっ巻。

WEB

girl reflected

公開出来てなかったようなので。もう一度。

昨日今日は休みで出かけていたので疲れてしまって早く寝ようと思ったのだけれども眠れずにブログを書いている。嫁ちゃんはぐーすかぴーと寝ているが。

俺も嫁ちゃんも自営で仕事をしている。別の仕事だが協力しあえるところは力を合わせている感じだ。

普段は同じ時間にブログを書いていたりする。

嫁ちゃんはWordPressで基本はWEB集客をしている。まあ早く言えばオウンドメディアを運営してる。ブログは素人だったが最初にいろいろと教えてあげたらあれよあれよと言う間に上達していった。文章は俺よりも数百倍上手い。

マーケティングやデザイン、設定などの部分は俺がやらされているが俺も新しい技術を取り入れるためのテストの場として活用させてもらっている感じかなあ。

今では結構な稼ぎもありPVも安定してる。なかなか凄いものだ。

ニッチな市場だが集客したお客様の心をしっかり捉えているので集客から売上まで直結している。顕在ニーズを満たすのはわりと簡単なわけさ。喉が乾いてる人には水を売ればいいわけだからねえ。

商品自体にも魅力があることが前提なのだけれども。

単独のキーワードだけではなくて紐付けもしてるのもあるから完全一致しない場合もあるのだけれどもそこは隠れたニーズを満たしてあげる部分。

隠れてるから本人も何がほしいかは分かってないんだけど、これなんじゃない?的なベイベーだ。
砂漠を旅する時の必需品といえば!!→水と◯◯と◯◯みたいなね。

まあこうすれば「砂漠 旅」のキーワードでも来てくれたりするわけさ。そして砂漠での水の重要性が書いてあれば買わなきゃ!ってなる。かは分からないが感覚でいえばそんな感じかなあ。

やろうと思えばなんでも紐付けできちゃったりもするのだけれどもあんまり強引にやりすぎるとお客様からの信用はかなり下がっちゃうんだよね。なんでも水って言えば良いと思ってない?ってね。そんなことはしたらいけないよねえ。

つまりは誰でもかれでも呼び込めば良いというのはマイナスになる場合もある。PV稼げば良いっていうものでもないし。まあ一概にはいえないところもあるのだけれども。

WEB界隈ではSEOというのがよく目につくけど企画から集客販売までを最終的に考えていくのがマーケティング

SEOマーケティングの一環で集客の部分。だからSEOで全て語ることはできないってことなんだよねえ。ディズニーランドの入口でディズニーランドの魅力を全て分かったように語るようなものさ。

 

嫁ちゃんのブログのPV自体はブログ界隈でよくみる何十万PV何百万PVとかには遠く及ばない。しかし実商品を扱う場合ではそこまでのPVがなくても売上を出すことができる。能動的にお客様が来てくれるので売上にも繋がりやすい。

色んな人のブログ運営報告を見ていると50万PV程度の売上はあるのではないかなあ。
でも流入数はその半分のさらに半分。もういっちょオマケに半分以下である。あ〜今日はもう特別!さらに半分で良いや!位かなあ。

※実際の所聞いてみたら売上はもっと上だった。恐るべき嫁ちゃん。

だからと言って簡単に稼げるってわけじゃないっていうのは誤解しないでほしいところ。商品コストもかかれば労力はブログだけではないしアフィリやAdSenseよりもリスクは当然大きい。あくまで商品を持ってるオウンドメディアの話しかなあ。

ああ、今日は嫁ちゃんの紹介記事にしようと思ってたのだけれども話しが大きくそれたなあ。これじゃNAVERまとまらない。

永遠に砂漠を彷徨うことになりそうなのでここで寝るとしようかなあ。

まず今日はこれぎり!